あれがいいこれがいい:心に低温やけどのようにジワジワくる

2014/05/24Comic 漫画, 祥伝社

あれがいいこれがいい (FEEL COMICS)
いがわうみこ
あれがいいこれがいい

『虹の娘』のいがわうみこ氏の作品。刊行順としては『虹の娘』よりこちらのほうが先らしい。『虹の娘』読了後にBOOK☆WALKERで購入していたものの、今になってようやく読めた。

新人にして奇才・いがわうみこが綴るじれったい低体温ラブ

「ぐるぐるしてどーしようもねーからごめん言わせて」

担任の女教師で幼なじみのスイに恋している男子高生・アマノ。
しかし、告白にも大人ぶった揺さぶりにも彼女は動じてくれない――。

スイとアマノを中心に9人それぞれの視点で語られる、じわじわと熱たかまる9編の珠玉連作集。
(祥伝社オフィシャルサイト 作品紹介ページより)


…という作品紹介のとおり、本当にどこにでもありそうな、小さな小さなお話。ただ、読み終えた後もじんわりと、低温やけどのように残る作品。

aregaii-koregaii_ss01

本作では各話ごとに主人公が入れ替わる連作形式になっているのだけど、どの話でも主人公になっているキャラだけが「自分のことがよく見えていない」状態なのが面白い。一方で脇に回ったキャラはその主人公のことがよく見えている。そして読者は神の視点から全キャラの関係を俯瞰できるから、それがもどかしさとか2828感に繋がると。

掲載誌も含め完全に女性向けの作品なんだろうけど、自分がそうであるように、男性でも刺さる人には深く刺さるはず。うん、これは電書版で買ってよかったな。きっとたまに読み返したくなる作品だから、気軽に端末に入れっぱにしておこう。




PAGE TOP