貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン』 14巻:これは再TVアニメ化ですかねぇ…

Comic 漫画, 角川書店

めでたく完結したとのことで、電子書版で半額セールになっていた既刊13巻とセットでまとめ買い。

comic-evangelion14_ss01
コミックス版はこれまで漫喫で済ませていたうえに10巻あたりで止まっていたので、今回あらためてラストまで読み直したけど、なるほど、TVアニメ版+旧劇場版をベースに、随所に補完を加える形になっているのか。

しかし、旧劇場版から十数年を経ても(経たからこそ?)、ラストはこういう形に落ち着いてしまったのか。個人的には『AIR/まごころを、君に』からダイレクトに繋がる結末が見たかったなぁ。まぁコミックス版ではアスカも以下略してしまったのでそれも叶わないわけだけれども。

ともあれ、新劇場版がファンの予想の斜め上を行っている今、このコミックス版がひとつの“正史”としてのポジションを獲得するものと思われる。

岡田斗司夫は庵野監督について「彼はこれからもずっと『エヴァ』を作り続ければいい」と言っていたけど、新劇場版が完結したらこの貞本版をベースに再度TVアニメ化するというのもアリなんじゃなかろうか。監督を庵野秀明自身がやるか、別の誰かがやるかは別として。

とりあえず来年末の新劇場版最終編を待ちつつ、その後のプロジェクト展開に期待したい。もっとも、アニメ業界的には宮崎駿の後継者としては庵野秀明ではなく細田守を押していきたいみたいだけどね…。






PAGE TOP