星河万山霊草紙 1巻

2013/06/23Comic 漫画, 講談社

星河万山霊草紙(1) (KCx ITAN)
鈴木 有布子
星河万山霊草紙 1

購入&読了記録だけ。
けっこう語りたいことがある作品なので、余裕ができたらいずれ追記したい。
(2011/9/25追記)

作者買いしているわけではないけど、先日の『キャンディ』もこの人だった。発売からしばらく買うかどうか迷って結局買うところまで同じという。

それはさておき、少女漫画と思って買ったら中身はなぜか少年漫画テイスト。あれ、間違えたかな…と思ったけど、これって1巻まるまる序章なのだな。2巻からが本番、かつ少女漫画というよりはもう少し上目のラブストーリーになるようだ。というか次巻への引きと次巻予告が気になりすぎる。

設定的にもファンタジー色が強いので、ヒロイン・ほおずきと彼女に想いをよせる少年・一歩との関係も一筋縄ではいかないだろうし、物語の結末を含めこの先どうなるのかまるで予想がつかない。ともあれ、ここまでガッチリ掴まれた作品も久しぶり。次巻は間違いなく即日買いだな。

しかし、「3年間眠っていたヒロインが目覚めたら、当時ヒロインに(一方的に)想いを寄せていた少年には彼女がいて…」というプロットはちょうど10年前の『君が望む永遠』を連想させる。うーむ、何もかもが懐かしい…。



PAGE TOP