[漫画] 君に届け 21巻:ケント…それは引くわー

2014/12/28Comic 漫画, 集英社

ようやく3年生か…長かったな。

今巻では久々に爽子・千鶴・矢野ちんの3人での青春トークなんかもあったけど、全体的には恋愛モード続行中。

風早くん&爽子は安定、龍&ちづはほぼエピソードなしで、前巻に引き続き話を大きく動かしているのは矢野ちん、ケント、そしてピン。

そのケント、矢野ちんと付き合い始めるときのエピソードでは格好よかったのに…どうしてこうなった。あんなセリフが出ちゃうとは、ひょっとして甘やかされて育った一人っ子とかいう設定なんだろうか。ともあれ、ピンとの対比もあってケント株大幅下落(当社比)。これはもう時間の問題か…。

一方、安定の風爽だけど、今巻は爽子の表情の変化が印象的。単純に画力が上がっているというのもあるだろうけど、爽子の充実ぶりがハッキリ見て取れるのがいい。

あと今回、全体的に時間経過が早くなっているような気も。学園ものとして大きなイベントがなかったからかな? まぁ高校を舞台とした恋愛ものとしては大半のことはやりつくしているし、30巻以内には完結だろうか。




[過去巻感想リンク]
20巻 19巻 18巻 17巻 16巻 15巻 14巻 13巻 12巻 11巻 10巻 9巻 1-8巻



PAGE TOP