[漫画] 君に届け 22巻:龍×ちづメインに三者三様の恋模様、しかし…

Comic 漫画, 集英社

紙版から3か月落ちの電書化のせいもあって季節感がズレまくりだ…。
ともあれようやく最新刊。

kimitodo22_ss01
さて、今巻は前巻ではほぼエピソードなしだった龍×ちづが大幅に進展。龍のほうは目前に目標があるからそれに集中できるけど、ちづは先のことまで見越してあれこれ悩み中。

kimitodo22_ss02
kimitodo22_ss03
風早×爽子は今巻ではとりあえず大事もなく安定のイチャツキっぷり、そしてケント×矢野ちんは前巻からのすれ違いが継続しつつも、矢野ちんが態度を決めかねているので一旦ペンディング。

…と、三者三様の恋模様だけど、正直今巻はどの組み合わせもピンとこない。

高校時代の自分が東京志向だったこともあり、高校を卒業したら今の付き合いもほぼ切れるのは当然という考え方だったし、キャラの心情にあまりシンパシーを感じられないんだよなぁ。とりわけちづの苦悩はちょっと先走りしすぎなんじゃないかという気さえしてしまう。いや、これが青春であって、自分が年を取りすぎただけか…。いずれにせよ、今巻を読んであらためて本作が地方舞台の作品なのだなぁと再認識したしだい。

そして前巻の「結婚しよう」発言でドン引きさせられたケントくん、今巻ではもはや何を言っても軽く聞こえてしまう。例の「普段不良なヤツは1回いいことをしただけで評価が大幅プラスされるのに、普段真面目なヤツは1回のやらかしですべてマイナス評価になる」というアレだ。矢野ちんの決意が一段上に向かいつつある今、決定権はもはや彼女の掌中だけど、ケントがどんな抵抗を見せるのか、もうちょっとだけ見どころはありそう。

次巻は来年1月末発売だけど、今度もまた電書版は3か月落ちかなぁ。ジャンプ系はだいぶ早まったようなので、女性誌もなる早で追随していただければ。




[過去巻感想リンク]
21巻 20巻 19巻 18巻 17巻 16巻 15巻 14巻 13巻 12巻 11巻 10巻 9巻 1-8巻



PAGE TOP