[漫画] 聲の形 1&2巻:名作として後世に名を残せるか?

2016/09/25Comic 漫画, 講談社

これまたすっかり今さらだけど。電子書籍だといくらでも積んでおける&紙より遅れることが多いのでどうしても後手に回ってしまうなぁ。

さて、自分の場合は読切版を読んだ後、連載化決定の報以降手付かずだったので、単行本1巻では最初少し戸惑った。なるほど、連載化の前にリメイク版なんてのもあったのね。単行本はリメイク版を組み込んでいるのかな?それとも連載化にあたってまた1から描き直しているのかしらん。

koe-no-katachi01_ss01

本作の内容については今さら書くまでもないけど、本作は障害者問題&イジメ問題という重いテーマを扱っているだけに、連載終了まで(あるいは連載終了後も)ずっと議論の対象になるだろう。それだけに最後まできっちり描き切ってくれたら間違いなく後世まで残る作品になるような気がする。

そのためにはやはり障害者問題とイジメ問題の現実をしっかり描く&奇麗事に逃げないというのは当然として、将也と硝子を簡単にくっつけないこともカギになるんじゃないかと。

連載のほうではすでに硝子が将也に好意を寄せ始めているようだけど、これが単なる将也と硝子のラブストーリーになってしまったらメインテーマが揺らいでしまうし、普通のラブストーリーのように「めでたしめでたし」で終わらせてしまったらいろいろ台無しなので、付き合うにしてもその後をちゃんと描き続ける必要だがあるだろうなと。まぁそんなの作り手側は十分わかっているとは思うけれども。

あと個人的な考察としては、硝子って絵柄的には美少女だけど、作品世界内ではそれほど美人ではないのではないかという気が。小学生時代のイジメ、硝子が美人だったら同性は知らないが男子があそこまで酷いことをするかどうか。…とか思うのは子供のイジメを甘く見すぎかしらん。

ともあれ、今の内容で続けてくれる限りはマストでフォロー予定。最近では講談社も紙と同発のパターンが増えてきたので、次巻からはタイムラグなく読めるといいなぁ。

そして今さらだけど、作者の大今良時氏って『マルドゥック・スクランブル』のコミカライズ担当だったのか。原作も好きだし、次にKindleかBOOK☆WALKERで安売りセールがあったら購入候補に加えよう…。

【映画版の感想はこちら











PAGE TOP