[漫画] 聲の形 4巻:西宮さん家の家庭の事情編

2016/09/25Comic 漫画, 講談社

今回も電書版@BOOK☆WALKERで。

koe-no-katachi04_SS04

前巻ではラブストーリーモードに突入か、という不安(?)もあったけど、さすがにそれは回避。いったん仕切り直しで再度「友達ごっこ」続行。それぞれに思うところを胸に秘めつつ物語は進行。

koe-no-katachi04_SS03

そんな中で植野さんはハッキリと意思表示。5巻の感想にも続くけど、なんだかんだで彼女が一番ブレてないというか、いろいろ考えていて前向きなキャラクターな気がする。

koe-no-katachi04_SS05

一方、今巻では主に西宮家の家庭の事情の一端が明らかに。現在の硝子ママの行動原理の原因とか、結弦も石田たちに救われてる一面があるとか。しかし、硝子ママが受けた仕打ち、酷いのは確かだけど、実際こういうことはありうる話だ。そこをあえて見せつけてくるのは作者サイドの本気の表れというか、作品テーマから逃げていないのが感じ取れて感心してしまう。これ、関係者への取材とかもしっかりしてるんだろうなぁ。

ということで5巻の感想に続く。

【映画版の感想はこちら









PAGE TOP