[漫画] 聲の形 5巻:人間関係はどん底に。ここからが本番か

2016/09/25Comic 漫画, 講談社

電書版で購入@BOOK☆WALKER。いやー、今回もヘビーですわ…。

koe-no-katachi05_ss03

さて今巻、今までの4巻で少しずつ積み上げてきた人間関係が一気に瓦解。石田の贖罪意識というもともと危うい土台の上に成り立っていた関係だけに、崩れるときはあっさりだった。まぁ真柴と川井の加入が唐突というか早急だったのも大きいだろうけども。ともあれ、真柴・川井は離れ、佐原は戸惑い、植野は悔やみ、そして硝子は…。

今回の展開で今までの「友達ごっこ」は本格的に終了。しかし、すべてを失くしたここからが本作の肝になるはず。どうやって立ち直るのか、あるいは立ち直れないままなのか、それともまた別の形で関係を再構築するのか。

4巻の感想でも書いたけど、石田&硝子はもちろんのこと、キーパーソンになるのはやはり植野の気がする。4巻あたりから顕著だけど、彼女は最初から顔に×が付いたり付かなかったりと、演出上も石田(&硝子)との距離が縮まったり離れたりしているので、彼女が石田(&硝子)と今後どういう関係を構築するかに要注目だ。もっとも、直近では今巻の衝撃的なラストをどう収めるかが最重要ポイントだけども。

というわけでまだまだ目が離せないし、作品が完結したらまたあらためてまとめ感想を書きたいと思う。

それにしても、今巻を読み終えた後にカバーイラストを見ると胸が詰まる思いがするな…。

【映画版の感想はこちら









PAGE TOP