[漫画] さよなら、またあした:和輝のかわいさですべてが許せる一冊

Comic 漫画, 太田出版

太田出版の本は電書版だとおおむね大幅に安くなるのがいいやね。

「苦しい方が気持ちいい」。
そんな自分をもてあます女子高生・和輝が、偏屈な書店員に恋をした。
いつも不機嫌な彼は、冷たくて、鈍感で、人間観察が趣味の、熱烈なハルキスト。
とげのある言葉や邪険な扱いにうっかりときめいてしまったのが運の尽き……。
痛みさえも甘い胸キュンラブストーリー。(公式作品紹介ページより)


sayonara-mata-ashita_ss01
作品紹介文のとおり、お話としてはMっ気のある女子高生・和輝と、偏屈な男・上田武彦(Sではない)の奇妙なラブストーリーである。

尺の短さや構成などもあってか、わりとあっさりめの読後感だけど、とりあえず和輝がかわいいのでそれだけである程度満足できてしまう。かわいいは正義。

sayonara-mata-ashita_ss02
一方、和輝の恋のお相手・武彦は熱烈なハルキストという設定だけども、恥ずかしながら自分は村上春樹作品を読んだことがない&周囲にハルキストと呼べる人もいないので、はたして典型的なハルキストってこんな感じなのか、ただ単に彼が偏屈なだけなのかはわからない。

実際、作中でも村上春樹作品についてくわしくは触れられていないし、各話サブタイトルに村上春樹作品の作品名が含まれているものの、話の内容と連動しているわけでもない模様。あくまで武彦のキャラ設定の一環のようだ。

ただ、そうした設定や構成の物足りなさを差し引いても、和輝の純情さ&かわいさと、武彦の彼なりの誠実さのコントラストが心地いい。他を差し置いてでも読むべき、とまではいかないけど、ちょっとした息抜きにはもってこいの一冊だと思う。

著者の他作品を調べてみたけど、このジャンルが得意フィールドなのだろうか。とりあえず『待て!モリタ』と『生きろ!モリタ』もリストに加えておこう…。





PAGE TOP