[漫画] 氷の女王 2巻:やっぱりヒロインは貴和子だったんや!

Comic 漫画, 講談社

恒例の紙から3か月落ちで電書版。リカチ氏とタアモ氏の作品はどうしていつも電書化遅いのだ。講談社自体は電書化推進派だから、編集部の動きが鈍いだけかしらん…。

という毎度のぼやきはさておき第2巻。いちおう今巻で完結らしい。

theicequeen02_ss01
theicequeen02_ss02
前巻ではニカと貴和子というダブルヒロイン体制だったけど、今巻では完全に貴和子にフォーカスされた内容になっている。前巻の感想でも貴和子のほうがかわいいと主張していた身としては実に嬉しい。実際のところ、読者全体の感想も似たようなものだったのだろうか&それが反映されたのだろうか。ちょっと気になる。

theicequeen02_ss03
theicequeen02_ss04
ストーリー的にはベタベタの少女ラブコメで、本来の読者層である中高生向け。2巻の間に七緒・南斗・有貴の3人の間で気持ちが揺れ動くのも普通の少女漫画だったらちょっと気が多すぎないかという気がするけど、貴和子のキャラクター&このストーリー展開だと嫌味にならないというか逆に納得できてしまう。やはりキャラクターは大事だなぁ。

ということで、2巻という短編ながら大いに満足できた作品だった。完全に少女漫画なので強くオススメはできないけど、たまには青春時代のむずがゆいお話が読みたい向きにはぜひ。






PAGE TOP