[漫画感想] 今日のユイコさん 4巻:ユイコさん、完全に骨抜きじゃないですか…

2017/06/02Comic 漫画, 講談社

待望の第4巻、紙と同発の電書版で購入。本誌連載を追っているので内容は知っているけども、単行本として所有できるのが単純に嬉しいんだよなぁ。

todays-yuikosan04_ss03 さて、前巻からすでにチョロイン化していたユイコさん、今巻ではさらに症状が悪化している(いい意味で)。単行本描き下ろしの幕間1コマも含め、もうすっかりトモヤのことで頭が一杯じゃないですかやだー。

これまではまだユイコさん上位なところもあったのに(特に学校内)、今やトモヤの反撃一発ですぐにしょげてしまったり、トモヤの欲望に押し切られそうになったりと、ガードだだ下がりである。いやまぁそこが可愛いのだけど、もうちょっとツンツンしてくれてもいいのよ?

todays-yuikosan04_ss08
todays-yuikosan04_ss09 そのガードの下がりっぷりというか、トモヤへの気の許しぶりはプライベートの描写でもハッキリ見て取れる。連載当初から比べると、まだ4巻なのにずいぶん昔のことのようだ…(実際もう1巻発売から2年経っているのだけど)。

こうなると後はふたりの付き合い始めのエピソードが欲しいところだけど、それを描いてしまうと作品の終わりが一気に近づいてしまいそうで、逆にまだ描かないで欲しいとも思ったり。読者とはなんともわがままである。そういえば3巻でちょっとだけ回想シーンがあったけど、作者的には付き合い始めのころのエピソードのイメージとかあるのかしらね。

その他、今巻ではサブエピソードとしてユイコ姉のお話も。恩師である森本先生の結婚に寂しさを感じるユイコ姉。それは尊敬の念から来るものか、あるいは思慕の情もあったのか…。ユイコ姉が教師になった過去のエピソードをもうちょい描けばこのへんはまだ膨らませられたと思うけど、逆にこれくらいあっさりまとめてしまったほうが読者的にはいろいろ捗るのかもしれない。

ともあれ、今巻も十二分に面白かったし、早くも次巻が楽しみ。うーん、今回同発だからと電書版を買ってしまったけど、やはり高解像度で持っていたいから紙版も買い直すか…。








PAGE TOP