[漫画] オオカミ少女と黒王子 6巻:俺様男子なんて最初から居なかったんや!

2014/12/28Comic 漫画, 集英社

オオカミ少女と黒王子 6 (マーガレットコミックス)
八田 鮎子
オオカミ少女と黒王子 6

恭也の姉・怜香登場。

前巻で神谷くんがあっさり陥落したことで話を盛り上げる要素が不足するのでは、というところでの新キャラである。

その新キャラ・怜香だけど、一見クセの強いキャラかと思いきや、意外と家族思いのいい人だったという。というか、怜香って女王様気質と見せかけて、いったん彼氏ができたらずぶずぶハマるタイプな気がする…(妄想

ストーリー的には前巻の感想で予想(期待)したとおり恭也の家庭の事情に踏み込んだけど、そこまで根の深い問題ではなく、今巻であっさり修復の兆しが見えた。まぁまだ父親が出てきていないので油断はできないけれども。

それはともかく、恭也の丸くなりっぷりは一体どういうことなの…。初期設定はどこへやら、すっかり彼女想いのいい男である。22話にいたってはエリカのためを思ってウェイターやっちゃうとか、何このかわいい男子高校生。

というか、マジでもう恭也&エリカのカップルは鉄板過ぎて揺るぎようがないな。次巻以降どんな展開になるんだろう。ネタ的に盛り上がりそうなのって残るは恭也父か、あとはエリカ自身がグルグル考えすぎてすれ違うパターンか。せっかくなのでサブキャラにスポットを当てたストーリーも見たいところだけど、正直もう1回くらい山場を作ってそのままエンディング一直線でもいい気がしてきた…。




PAGE TOP