[映画] 『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

2014/03/02Movie 映画, アニメ

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』 (公式サイト)

すいません、正直ナメてました。予想をはるかに上回る出来の良さに感動。

ぶっちゃけキャスト変更、とりわけガッツが伊達さんの中の人(岩永洋昭)であることに注目しすぎててすっかり見逃していたのだけど、これってアニメーション制作・STUDIO4℃、監督・窪岡俊之、脚本・大河内一楼、キャラデザ&総作画監督・恩田尚之、主題曲・平沢進、音楽・鷺巣詩郎と、制作陣にまるで隙がなかった。こりゃ出来がいいのも当然だわ。

観に行く前は「平沢師匠の主題曲を大劇場のいい音響で聴くだけでも行く価値ありだろ」くらいに思っていたら、逆にそこはあっという間に終わってしまって残念。フルバージョンが聴きたいぜ…。

映像面は初っ端からラストまで圧巻の一言に尽きるのだけど、特にガッツが単騎駆けするシーンとか鳥肌もの。それも実際に切り結ぶシーンじゃなくて、向こうのほうからガッツの単騎が迫ってくるシーンがまさに「来るぞー!」という感じでたまらない。その他ではキャスカのアンダーヘアをちゃんと描いているところにスタッフの本気を感じた。

一方、一新されたキャストはどれも問題なし。不安視していたガッツも違和感なし。巧拙に関しては元々セリフが少ないこともあって評価するには足りない感じなのだけども。グリフィスは森川智之→櫻井孝宏でこちらも問題なし。キャスカ(行成とあ)については、TVアニメ版をdisるわけではないけど、圧倒的にこっちのほうが合っていると思う。

うーん、もともと黄金時代編は最後まで付き合うつもりだったけど、これは次作に期待せざるをえない。このクオリティで蝕のシーンとかマジどうなるんだ…。

ちなみに公式サイトのキャンペーンに参加すると映画のスタッフロールに自分のtwitterIDが入るという特典が。正直ただ観ているだけの客としてはスタッフロールが長くなるだけなのであんまり嬉しくないけど、試みとしては今風だなぁと。ちなみに今回は百人長までしかいなかったけど、第三部の頃には千人長が出ていそう。

追記:当然のことながら原作既読が条件。三部で蝕までなので相当巻き進行だし(TVアニメ版は2クールで蝕まで)、今回の第一部でもガッツの回想フラッシュバックとかあるので。


PAGE TOP