[映画] 『ガールズ&パンツァー 劇場版』:ガチなファンも納得の出来?

2016/01/09Movie 映画, アニメ


公開日前のマスコミ試写で鑑賞。

まずは感想から述べると、自分の場合TVアニメ版の試聴は断片的、加えてニコ動に上がってるMAD系をいくつか見た程度なので、本来のターゲット層とは微妙にズレているはずなんだけど、そんな人間が観ても大変楽しめる作品だった。TVアニメ版からちゃんと追っている人ならさらに楽しめる&満足できる一本だと思う。

劇場版は冒頭に3分程度のTVシリーズダイジェストをはさんでから本編スタートとなるのだけど、開幕直後から戦車戦である。一気に観客を引き込む構成で、さらにその後のストーリー展開もスピーディなので、中だるみすることもなく最後まで観続けられる。

ストーリー展開はやや強引なところもないではないけど、この作品の世界観自体が相当ファンタジーなのであまり気にならない。それどころかちょっと泣けるようなところもあったりして、劇場版を待っていたTV版からのファンにはたまらないものがあるのではなかろうか。

一方、キャラクターに関してもオールスター的な賑わいでファンにとっては嬉しいところ。登場人物が多いなか、それぞれに見せ場を持たせているのは脚本的にも大変だったに違いない。個人的にはプラウダ高校のロシアコンビ(ノンナ&クラーラ)のやりとりが、中の人のキャラも含めて印象に残った。

その他、TV版を見ている人ならニヤリとできるシーンがあったり、大洗への聖地巡礼がはかどりそうな街並み描写があったりと、ファンサービスがそこかしこに見受けられたのもスタッフの作品愛が感じられて嬉しくなった。

ということで、にわかファンでもこれだけ楽しめるのだから、ガチファンなら一層満足度の高い一本になるのではなかろうか。観に行くか思案中の人もとりあえず一度は見ておいたほうがいいと思う。

なお、劇場版の予習には以下の動画が役に立つ。割とマジで。


さらに余談ながら、自分がお邪魔した回の試写にはそど子役の井澤詩織氏の姿も。さすがにあの声質&声の通りだと一発でわかるなぁ(隣にいた人もキャストのようだったけど誰かはわからなかった)。




PAGE TOP