[映画] 『夢と狂気の王国』:どうやら砂田麻美監督は本物らしい

2014/03/02Movie 映画, 邦画


初日鑑賞。時間帯も多少影響していたんだろうけど、入りはあまりよろしくなかった。初日なのに…。ともあれ、今回はネタバレ多めで。

本作は『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』制作中のスタジオジブリの現場に密着し、宮崎駿以下スタッフの姿をとらえたドキュメンタリーである。監督は砂田麻美。

砂田麻美といえば監督作『エンディングノート』が高く評価され、同作が公開当初は数館だったのが最終的には100館越えを果たしたことでも注目されたドキュメンタリー映像作家である。本作でも脚本・撮影・編集・監督を一人で務めている。

自分はその『エンディングノート』を観ていないので、あくまで評判だけで鑑賞したのだけど、その評判に違わぬ素晴らしい作品だった。

基本的にドキュメンタリーなので映像に派手さはないのだけど、編集&構成がいいのと、自分が『風立ちぬ』鑑賞済みということもあって最後まで飽きずに観ることができた。というかこれ、実際の撮影時間&編集作業時間は相当長いんだろうなー。

もう少し内容に立ち入ったことを書くと、制作進行の三吉さん(サンキチ、本当は「みよし」らしい)と猫のうしこさんが可愛すぎる。特にうしこさんは単調になりがちなドキュメンタリー部分の合間合間に登場することで、作品の雰囲気をもの凄く柔らかくしている。

また、『風立ちぬ』で庵野秀明が声優に抜擢されるまでの舞台裏も面白かった。特に庵野推しの宮崎駿に対するキャスト担当チームの反応とか。

他にも宮崎駿と庵野秀明が仲良しっぷりとか、宮崎吾朗だけ酷いシーンが使われてるあたりがドキュメンタリーでありつつも物語性を持っていて、映画作品としての価値をぐっと高めているように思う。

極めつけは宮崎駿引退会見直前のシーンに挟み込まれるジブリ作品のラッシュ映像。これが『ニューシネマ・パラダイス』の例のシーンを髣髴させる内容に仕上がっていて、思わずウルッとしてしまった。本作のクライマックスは間違いなくここだろう。

いずれにせよ、砂田監督はドキュメンタリー映像作家として本物らしいことがわかった。これは『エンディングノート』もいずれ観ないとあかんなー。

ドキュメンタリー色の強い作品ということで興味がわかない人も多いだろうけど、これは見ておいて損のない作品だと思う。ジブリ作品好きはもちろん、『風立ちぬ』を観た人ならなおさら。ぶっちゃけ口コミがなければ興収も評価も上がらない類の作品なので、個人的に超オススメ作とすることで少しでも興味を持つ人が増えてくれればと。




PAGE TOP