ライター/編集者におすすめの作文技術書1選


3選とか5選とかない。とにかくこの1冊だけ。

できればライター業・編集業をやってる人・目指してる人は読んでおいて欲しいし、自分もたまに若いスタッフに指導するときには必ず読むように薦めてる。最低限第4章まで読んで身に着ければOKなので。あと、『実戦・日本語の作文技術』という続編もあるけど、そっちは読まなくても問題なし。

さて、本書の第1章に書かれているのだけど、

私たちは日本人だから日本語の作文も当然できると考えやすく、とくに勉強する必要がないと思いがちである。

小学校でいったい作文の基本的技術をどれだけ教えているのだろうか。作文の時間そのものが、たとえば私たちの小学校時代より少ない上、読書の「感想文」などを書かせているのだ。このような日本の教育環境もまた、いまの日本に非論理的文章の多い一因であろう。

まさにこれ。

ライターってなるのは簡単だし(食っていけるかは別にして、ぶっちゃけ名乗るだけでライターだ)、その技量がピンキリなのは上記引用のとおりというか、日本語教育の怠慢や驕りだろうなぁと(する側も受ける側も)。自分も本書を読んだのはもう二十数年前、大学入試での小論文対策としてだったし、その時にようやく作文技術を意識するようになったと記憶している。

実際のところ、編集者の立場からライターの原稿を読むときに、てにをはからチェックするのにはもうだいぶ疲れている。自分は原稿の内容と構成をチェックしたいのであって、その手前の誤字脱字・てにをはチェックまでやるのは編集者にとってもライターにとっても時間とスキルの無駄だと思うのだ。

正論では「そういうところを指導してライターを育てていくのが編集者の仕事」となるんだろうけど、現実はそんな“初めの一歩”から手をかけるリソースはないし、特にフリーランスの人に対してそこまでしなければならないのか、とも思うし(※注1)

なのでぶっちゃけ、「作文技術を学ぶのは本書でなければダメ」というわけではなく、何でもいいから一回ちゃんと「作文技術」を意識して学びましょう、おたがいの負担を減らしましょうと主張したいだけだったりする。本書についても技術論はともかく、筆者の左寄りの思想がそこかしこに見え隠れしてるという欠点(?)があったりするし。

例えば類書には以下があるのだけど、これは自分が読んでないから今回薦めてないだけ。いつか読むことがあって、こっちのほうが良さそうだったら、このエントリーもタイトルを「2選」に変更してこっちメインに書き換えると思う(※注2)

※注1、というかぼやき
…と言いつつ、出版業界の衰退もあって優秀な編集者・ライターは少なくなる一方なので、編集側が圧倒的に主導権を持っていたころのように「フリーなんだからダメだったら別の人に代わってもらえばいい」というわけにもいかず。まぁ単純に自分に人徳がないからいいライターさんが集まってこないだけかもしれないけどね!
※注2
現物を立ち読みでさらっと眺めてみたけど、内容以前に「新書で横書き」という組版がどうにも受け入れられずで見送ることに。図表を多用したかったのかもしれないけど、新書サイズで横組みはちょっと読みづらいかな…。