今週のXRニュース 2023年8月第1週 【7/30~8/5】

 XR(VR/AR/MR)関連ニュースを自前のブログにストックしていく試み(4月第1週より継続中)。元ネタは英語記事が多めです。日々ライブ更新していくので、週の後半になるほどネタは増えていきます。

【最新号はこちら】 2024年2月第4週

2023年8月第1週のXR関連ニュース

【ハードウェア】 Immersed、新型XRヘッドセット「VISOR」を発表

 CNET Japanによる日本語記事はこちらテクノエッジによる日本語記事はこちら

 VRコラボレーションアプリ「Immersed」を開発・提供するImmersedが、独自のAR/VRヘッドセット「VISOR」を発表しました。リークのような形で情報が先行していましたが、製品ページも正式公開しています。

 デバイスとしては「Immersed(アプリ)専用のHMD」という趣で、今のところ明らかになっているスペックは

・片目あたり4KのマイクロOLEDディスプレイ
・視野角(FoV)100°
・6DoF対応、インサイドアウト式のトラッキング機能(Qualcomm製)
・HDカラーパススルー機能

・有線接続/ワイヤレス両対応

など。重量は「スマートフォンより25%軽い」と表現していることから、130~150gくらいと予想されます。発売は2024年予定、製品価格は未発表です。 【UploadVR、2023/8/3】

【資金調達】 LBE VRのHOLOGATE、シリーズAで830万ユーロの資金調達

 HOLOGATEはドイツ・ミュンヘンに拠点を置くXR企業。LBE VRで知られており、直近では今年3月に『Ghostbusters VR Academy』をローンチしています。

 また、2020年からは法人向けのVRトレーニング・シミュレーションソリューションを開発する「HGXR」も開設しており、今回調達した資金はエンタメ・法人両部門に投下するとしています。 【HOLOGATE、2023/8/3】

【ソリューション】 Movella、ライブ配信システム「Obskur」をリリース

 モーションキャプチャシステムで知られるXsens、今年の1月に社名変更していたようです。

 そのMovellaが新たにリリースした「Obskur」は、モーションキャプチャをしつつライブ配信ができるオールインワンソリューション。上半身をトラッキングする9つのトラッカー、手指をトラッキングするグローブ、関連ソフトがパッケージになっており、価格は1995ドル。システムのベースはUnreal Engine 5で構築されています。

 Movellaの製品はゼロシーセブンをはじめ日本にもいくつか代理店があるので、このObskurもいずれ国内販売されるかもしれません。個人的にはモーションキャプチャのハイエンドとローエンドの間を狙ったかなりイケてるソリューションではないかと思います。 【Movella、2023/8/3】

【アプリ】 Meta Quest 2/Pro版『Roblox』、配信5日で100万DL突破

 Roblox社CEO、David Baszucki(デイビッド・バシュッキ)氏のツイートポストから判明。

 Meta Questシリーズは販売台数累計約2000万台、月間アクティブユーザー(MAU)637万というレポートもありますが、そこから見ても高い装着率だと言えそうです。 【UploadVR、2023/8/2】

【アプリ】 メトロポリタン美術館、ARアプリ「Replica」をリリース

 メトロポリタン美術館(The MET)がベライゾンと協力して制作したスマホARアプリ「Replica(レプリカ)」は、美術館の来館者が作品をARでスキャンし、アプリを通じて「Roblox」にデジタルで取り込めるというもの(対象は37作品)。

 アプリのダウンロードは現地時間8月2日から、イベントは8月3日から開始予定。日本でもダウンロード&インストール可能かは不明です。 【メトロポリタン美術館、2023/8/1】

【ソリューション】 Apple、NVIDIA、Adobeら5社、オープン3D標準に向けて提携

 CNET Japanによる日本語記事はこちら。

 Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIA、ピクサーの5社が「Alliance for OpenUSD」(AOUSD)を結成しました。同アライアンスは、OpenUSD(Universal Scene description)を通じて3Dコンテンツの相互運用性の促進を目指す組織です。

 USDはピクサーが開発した、3Dモデルやシーンのファイルフォーマット。NVIDIAのOmniverseはすでにUSDをデフォルトフォーマットに採用しています。

 また、創設企業5社のほか、一般メンバー企業もすでに複数参画していますが、Epic GamesとUnityの両社がいる点にも注目です。 【NVIDIA、2023/8/1】

【ハードウェア】 Shiftall、VRヘッドセット「MeganeX」を8月15日より抽選販売開始

 8月15日に抽選販売受付ページを公開、抽選結果は8月29日発表、商品の発送は9月中旬予定とのこと。 【Shiftall、2023/7/31】

【ハードウェア】 Meta、SIGGRAPH 2023で2つの研究用ヘッドセットをデモ

 米ロサンゼルスで現地時間8月6日~10日に開催されるSIGGRAPH 2023において、Metaが研究開発中の2つのヘッドセットのプロトタイプが発表される予定です。

 具体的には可変焦点システムを搭載した「Butterscotch Varifocal」と、新型ライトフィールドカメラを搭載した「Flamera」の2つ。それぞれどのような技術なのかについてはMeta自身による解説も出ています。 【UploadVR、2023/7/31】

【M&A】 大日本印刷、XR・ブレインテック企業のハコスコをグループ会社化

 DNPがハコスコの株式51%を取得してグループ子会社化(7月28日付)。

 DNPは2023年5月に発表した新中期経営計画において、「コンテンツ・XRコミュニケーション関連」を注力事業領域の新規事業に掲げていました。今回のグループ子会社化もその一環と考えられます。 【大日本印刷、2023/7/31】

その他

ハードウェア Meta Quest 3がFCC入り。Wi-Fi 6Eにも対応(8/4)

ハードウェア PICO 4、メジャーアップデートでシステム自動更新機能などを追加(8/3)

ハードウェア Magic Leap 2、ARクラウド機能やネイティブWebブラウザを実装(8/3)

ハードウェア Metaのスマートサングラス「Ray-Ban Stories」、アクティブユーザーは10%未満か(8/3)

ハードウェア Rokid、ARグラス向けAndroid TV端末「Rokid Station」発表(8/3)

ハードウェア MRヘッドセット「Lynx R1」が(ようやく)本格製造開始(8/2)

企業 Qualcomm、2023年第3四半期決算発表(8/2)

資金調達 AIキャラクター企業のInworld AI、5000万ドルの資金調達(8/2)

企業 DAC、ゲーム・メタバース/XR領域のメディア事業専門会社「株式会社ARROVA」を設立(8/2)

資金調達 ピクシーダストテクノロジーズ、米NASDAQに上場(8/1)

アプリ Snapchat、ARレンズクリエイター向けの新報酬プログラムを開始(8/1)

アプリ Microsoft Teamsに空間オーディオ機能が追加(8/1)

ソフトウェア ラペットテクノロジーズ、3Dアバタートラッキングシステム「LuppetX」配信開始(8/1)

ソフトウェア フォーラムエイト、「Shade3D」Ver.24をリリース。メタバース対応も強化(7/31)

ソリューション キヤノンとバルスが技術協力、リアル×バーチャルのボリュメトリックライブを実現(7/31)

ソフトウェア palan、WebARで利用可能なARメイクフィルターを提供開始(7/31)

VTuber サンリオ、ClaNと共同で新規VTuberプロジェクト始動(7/31)

VTuber AKB48グループのJKT48からVTuberユニット「JKT48V」が登場(7/30)

2023年8月のバックナンバー