今週のXRニュース 2024年1月第5週 【1/28~2/3】

この記事ではAmazonアソシエイトを利用しています。これらのリンクを通じて商品を購入した場合、筆者はアフィリエイト手数料を得ることがあります。

 XR(VR/AR/MR)関連ニュースを週ごとにまとめています。元ネタは英語記事が多め。日々ライブ更新していくので、週の前半はネタが少なく、後半になるほど増えていきます。

【最新号はこちら】 2024年2月第4週

2024年1月第5週のXRニュース

【統計】 Meta Quest 3、Steamで使用されているVRヘッドセット3位に

 Steamの月例ハードウェア利用調査、2024年1月はMeta Quest 3が14.05%で3位に浮上(先月は9.27%で4位)。Meta製品全体では7割弱のシェアを占めています。

 Steamユーザー全体に占めるSteamVRユーザーの割合は前月比0.4%増の2.24%に。引用元の記事では「Meta Quest用Steam Linkのリリース」「Meta Quest 3の発売」「PC VR MODツール『UEVR』の登場」をここ数か月の増加の要因と分析しています。 【MIXED、2024/2/2】

【企業】 Meta、2023年第4四半期決算発表。Reality Labsは46.5億ドルの赤字

 Meta公式のリリースはこちら(英語)。

 Reality Labsの四半期決算、今期はMeta Quest 3の発売もあり、売上高は10億7000万ドルと前年同期の7億2700 万ドルから増加。一方で、通年での売上高は18億9000万ドルと、前年同期の21億2000万ドルから減少しています。

 また、Reality Labs全体では今期は46億5000万ドルの赤字(前年同期37億ドル)。通年では161億ドルと、前年の137億円からさらに赤字が拡大しています。

 昨年までとは異なり、今年はApple Vision Proを筆頭に強力な対抗馬も増えてきたので、これまでに築いてきたリードを守れるか、さらに広げられるかの勝負になりそうです。 【GamesBeat、2024/2/1】

【ソフトウェア】 Meta Questソフトウェアv62がリリース開始

 CNET Japanによる日本語記事はこちら

 開発者の間では少し前に話題になっていましたが、今回のアップデートでAppleの空間ビデオ(Spatial Video)をQuestに転送&再生できるようになります。Apple Vision Proは買えないけどiPhone 15 Pro/Pro Maxなら持っている、という人には朗報でしょう。

 今回のアップデートでもうひとつ大きいのは、ハンドジェスチャ―によるシステム/アプリ操作の強化。これも結果としては(現時点では)コントローラーのないApple Vision Proへの対抗措置になっています。

 その他、アップデートの全容についてはMeta公式の解説を参照してください。 【UploadVR、2024/2/1】

【M&A】 パナソニックHD、Shiftallの全株式をクリーク・アンド・リバーに譲渡

 譲渡は2024年2月1日付。 Shiftall社の公式Xアカウントによると「本資本関係変更によって、ShiftallのVR関連製品の開発・販売体制はより強化されます」とのことです。 【Shiftall、2024/1/31】

【イベント】 スーパーボウルのAR広告キャンペーン、Apple Vision Proにも対応

 英国のAR企業Blipparと米広告代理店The Mars Agencyが、アメフト・スーパーボウルのAR広告キャンペーンを手がけたというニュース。ARを活用した広告キャンペーンは今では珍しくありませんが、このAR広告はApple Vision Proでも体験できるとのこと。

 Apple Vision ProでのAR体験はスーパーボウル当日(現地時間2月11日)から利用可能で、実際に体験できるのは数万人のApple Vision Pro所有者だけですが、米最大のスポーツイベント関連ということで気になります。 【GamesBeat、2024/1/30】

【資金調達】 Xreal、6000万ドルの資金調達。累計調達額は3億ドルに

 ARグラス「XREAL」シリーズを手がけるXrealが6000万ドルの資金調達を実施、累計調達額が3億ドルになったと発表しました。今回調達した資金は研究開発と工場拡張に充てるのとのことです。

 ARグラスの分野ではXrealが一歩リード、という感じになってきましたが、競合他社はどう出るでしょうか。 【PR Times、2024/1/29】

【アプリ】 Zoom、Apple Vision Proネイティブアプリを提供へ

 CNET Japanによる日本語記事はこちら

 NetflixやYouTube、Spotifyなど、Apple Vision Proのネイティブアプリリリースに消極的なサービスに対し、Zoomは最初から乗っかっていく方針のようです。先に挙げたアプリ・サービスと違い、Zoomは3DやMRと相性がいいというのもあるでしょうが、こうした企業ごとの対応の違いも注目ポイントかもしれません。 【Zoom、2024/1/29】

★その他のニュース

● スタンフォード大学、ビデオパススルー型ヘッドセットに関するフィールドワークの最新結果を公開(スタンフォード大学、2/2)

● Eggscape Entertainment、シードラウンドで425万ドルの資金調達。MRソーシャルゲーム「Eggscape」開発へ(GamesBeat、2/1)

● Snap、小型ドローン「Pixy」をリコール&返金へ(The Verge、2/1)

● 1SEC、資金調達を実施。累計調達額は約5億円に(PR Times、2/1)

● クラスター、cluster上に「バーチャルわかものハローワーク」をオープン(PR Times、2/1)

● Unity、Apple Vision Pro向けサポートの一般提供を開始(PR Times、2/1)

● Niantic、ARアプリ「Rodney Mullen’s SKATRIX」を発表。Apple Vision Proにも対応(Niantic、1/31)

● Spotify、気に入った曲を自撮り写真付きでSnapchatへ共有する「Share Track Lens」をリリース(Spotify、1/31)

● Gugenka、スマートフォンアプリ「MakeAvatar」にVRMエクスポート機能を実装(PR Times、1/31)

● シャープ、XRをはじめとする新規事業開発拠点「SHARP XrossLAB」を開設(シャープ、1/31)

● Cellid、General Interface Solution(GIS)から資金調達を実施(PR Times、1/31)

● Cellid、オハラと資本業務提携を実施(PR Times、1/31)

● Zinn Labs、AI対応XRデバイス向けのアイトラッキングシステムを発表(Zinn Labs、1/30)

● VoxelSensors、300万ユーロの追加資金調達。総額950万ユーロでシードラウンド完了(VoxelSensors、1/30)

● LumusとSCHOTT、製造パートナーシップを強化。光学ARグラスの需要拡大に対応(GamesBeat、1/30)

● PICO、PICOグローバルウェブストアをオープン(PICO公式X、1/30)

● 東京ミッドタウン日比谷、AR体験も楽しめるゴジラのハーフ立像を設置(PR Times、1/30)

● HIGHBALL、アバター通話アプリ「Vme!」デスクトップ版を正式リリース(PR Times、1/30)

● palan、Webブラウザで観光ARマップを作成できる「AR Maps」を提供開始(PR Times、1/30)

● フォートナイトのUEFNに特化したゲームスタジオCre8tFun、3500万円の資金調達(PR Times、1/30)

● Neuralink、ヒトでのBCI臨床試験に成功(Engadget、1/29)

● Xreal、「ARコンテンツ推進プログラム」を開始(PR Times、1/29)

2024年1月のバックナンバー