Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた

この記事ではAmazonアソシエイトを利用しています。これらのリンクを通じて商品を購入した場合、筆者はアフィリエイト手数料を得ることがあります。

 VR/MRヘッドセット「Meta Quest」を擁するMeta社のソーシャルVR、「Meta Horizon Worlds」がついに日本でも利用可能になりました。そのMeta Horizon Worldsについて、本記事ではWebブラウザ版とモバイルアプリ版について紹介・解説します(本家VR版は後日別エントリーにて)。

Meta Horizon Worldsとは

 Meta Horizon Worldsは、Meta社が提供するソーシャルVR(≒“メタバース”)サービス。前身は旧Facebook時代の2019年にリリースされた「Facebook Horizon」で、2021年、Metaへの社名変更と合わせて現在のMeta Horizon Worldsにリブランドされました。

 Meta Horizon Worldsには通常、Meta Questヘッドセットでアクセスします。VR空間内でユーザー同士でコミュニケーションができるほか、ユーザー独自の空間(ワールド)やアイテム作成も可能。さらにアイテム販売などでお金を稼ぐこともできるようになる予定です(現在は一部のユーザーのみマネタイズ可)。

https://youtu.be/f0ZraXEpYjo?si=HkUDyKVBQWJhxq1P

Meta Horizon Worlds、プラットフォームごとの違い

 そんなHorizon WorldsにはVR版だけでなく、Webブラウザ版とモバイルアプリ版も存在します。まずはそれぞれのバージョンについて簡単に解説します。

Meta Quest版(VR版)

 本来の姿(?)であるVR版は2021年12月、米国とカナダの18歳以上のユーザーを対象にサービスを開始。2024年6月下旬から、Meta Questが販売されているすべての国と地域で利用可能になりました(数か月かけて段階的にローンチ)。

 VR版はローンチ当初、グラフィックや機能面が今ひとつだったこともあり、ユーザー数が伸び悩みます。そうした事情もあってか、並行してWebブラウザ版の開発が進められることになりました。現在はVR版も改良が進み、米国のQuestストアでは利用者数トップ10に入るまでに持ち直しています。

 元々VRでの利用を想定していたため、各種UIなどはVR版に最適化されています。また、ログイン直後に入れる個人スペース「Welcom Island」があるのもVR版の特徴です。

VR版ではログインすると個人スペース「Welcome Island」からスタート

Webブラウザ版

 VR版と比べて機能やグラフィックは限定的ながら、Webブラウザでプレイできるのが強み。Webブラウザなので当然スマートフォンやタブレットでもプレイ可能です。

 とはいえ、ディスプレイサイズは大きいほうが快適ですし、画面全体に占める操作UI表示の割合が高くなる場合もあるので、環境があるならPCのWebブラウザでの利用をおすすめします。

 対応ブラウザはChrome / Edge / Safari。表示のスマホ最適化は完全には行われておらず、また、各種メニューの日本語化も行われていません。Webブラウザ版はこちらからアクセスできます。

「Horizon Central」にWebブラウザからアクセス
Webブラウザ版ではメニューの日本語化はほとんどされていない

モバイルアプリ版

 モバイルアプリ版Horizon Worldsは単独のスマホアプリではなく、すでに提供されているQuestアプリ(iOS/Android)のコンテンツのひとつという扱いになっています。

 モバイルアプリ版ではQuestアプリの「フィード」タブから各ワールドへ移動可能。「最近アクセスしたワールド」「人気のワールド」などで分類されているので、行きたいワールドを選んで「移動」アイコンをタップすればOKです。ワールドを検索したい場合はアプリの「検索」タブから。

 モバイルアプリ版はWebブラウザ版のHorizon Worldsをアプリ内のブラウザ(インブラウザ)で動かしているようです。ですので、モバイル版は実質Webブラウザ版と同じで、いったんワールドに入ってしまえばWebブラウザ版/モバイルアプリ版とも操作は共通です。

Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 05
Questアプリの「フィード」タブでワールドを選択し、「移動」アイコンで各ワールドへ移動する
ワールド検索は「検索」タブへ移動してテキスト検索。検索結果からワールドへ移動できる

アバター編集はWebブラウザ版/モバイルアプリ版でも可能

 Horizon Worldsでもっとも重要と言える要素、アバター。そのアバターの編集はWebブラウザ版/モバイルアプリ版でも可能です。アバター編集ページは入り口がメインコンテンツとは別の場所にあるので、アバター編集ページへのアクセス方法を下に記します。

 ただし、スマホでアクセスする場合は画面がかなり小さくなってしまうので、快適にアバター編集をしたい場合はタブレットやPCのWebブラウザ版、あるいはVR版を利用してください。

● Webブラウザ版

 Webブラウザ版ではトップ画面の右上にあるユーザーアイコンからアバター編集画面にアクセスできます。

Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 09
トップ画面右上、ユーザーアイコンからプルダウンメニューで「アバター」を選択
Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 10
アバター編集画面。ひとつひとつのパーツはスマホだとかなり小さくなる

● モバイルアプリ版

 モバイルアプリ版ではいったんどこかのワールドに入ったあと、ワールド内のメニューからアクセスできます。なお、アバター編集画面はWebブラウザ版と同じもので、別途Webブラウザが起動する仕組みになっています。

Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 11
ワールドに入り、左上の3本線アイコンをタップ
Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 12
左のタブから歯車のアイコンをタップ→アカウント(Account)をタップ
Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 13
「Avatar editor」をタップ
Webブラウザ版/モバイル版「Meta Horizon Worlds」の遊びかた 14
Webブラウザ/モバイルアプリ版のアバター編集画面はタテ画面専用となっている
1 2