XR(AR/VR/MR)用語集【あ行】

XR(AR/VR/MR)用語集 - あ行

 XR(AR/VR/MR)関連の用語集、「あ行」のページです(更新継続中)。用語集トップページはこちら

【あ】

IMU

 Inertial Measurement Unit、慣性計測装置のこと。加速度センサーとジャイロセンサーを組み合わせた6軸IMU、さらに地磁気センサーを組み合わせた9軸IMUなどがある。6軸IMUでは、加速度(並進運動)と角速度(回転運動)を検出し、物体の動きを計測することができる。

 AR/VR分野ではヘッドセットやトラッキングデバイスに搭載され、ユーザーの姿勢や動きを測定するのに用いられる。(読み:あいえむゆー)

IK

 Inverse Kinematicsの略語で、「逆運動学」と訳される。VRの分野では主に人体のモーションキャプチャで活用され、身体の特定の部位の位置や姿勢を指定することで、そこに到達するまでの中間の関節の姿勢や動きを計算で推定する手法・技術を指す。

 なお、IKの逆のアプローチはFK(Forward Kinematics、順運動学)である。(読み:あいけー)

アイトラッキング

 Eye-Tracking。人の瞳孔を検知し、その人が何を見ているかをリアルタイムに追跡するセンサー技術のこと。アイトラッキング技術のメーカーとしてはTobiiが有名。

IPD

 Inter Pupilary Distance、瞳孔間距離。ヒトの左目と右目の瞳孔がどれくらい離れているかを表す数値のこと。(読み:あいぴーでぃー)

アウトサイドイン・トラッキング

 Outside-In Tracking。VR/AR機器におけるトラッキング方式のひとつで、外部に設置されたカメラやセンサーを通じてトラッキングを行う方式のこと。対照的なトラッキング方式として「インサイドアウト・トラッキング」がある。

 インサイドアウト・トラッキング方式と比べて設置コストが高いが、そのぶん高精度かつ低遅延のトラッキングが可能な場合が多い。

 アウトサイドイン・トラッキング方式のVRヘッドセットとしてはVALVE INDEX、HTC VIVE 2 Pro、PlayStation VR(初代)などがある。

Apple

 米国に拠点を置く多国籍テクノロジー企業。Mac、iPhone、iPadなどのハードウェア製品のほか、AppストアやAppleミュージック、Apple TV+ などのデジタルサービスも提供している。

 2023年6月にはXRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表。同社ではApple Vision Proを「空間コンピュータ」(Spatial Computing)と呼称している。(読み:あっぷる)

Apple Vision Pro

 米Apple社から2024年発売予定のXRヘッドセット。予価3499米ドル。2024年6月5日(現地時間)、Appleの年次開発者イベント「Apple Worldwide Developers Conference」(WWDC)にて発表された。

 Appleでは同ヘッドセットについてAR/VR/MRなどの表現は使わず「空間コンピューティング」(Spatial Computing)という呼び方をしている。(読み:あっぷるびじょんぷろ)

アバター

 Avatar。ゲームやバーチャル空間内でユーザーの分身となるキャラクターのこと。2D/3D、人間型/非人間型など、外見は千差万別。サンスクリット語の「avataara(アヴァターラ)」が語源。

Amazon

 米大手IT企業のひとつで、いわゆるGAFAMの一角。起業当初はネット小売業がメインだったが、現在は電子書籍・動画配信・音楽配信・クラウドコンピューティングなど、事業内容は多角化している。2014年にはライブ配信プラットフォームのTwitchも傘下に収めた。

 AR/VRの分野では、WebベースのAR/VRアプリの作成・実行ができるサービス「Amazon Sumerian」を提供していたほか(現在はサービス終了)、ARの分野ではAmazonのECストアで販売している商品をARで試着したり試し置きしたりできるサービスを提供している。

 その他、Amazonの動画配信サービス「Primeビデオ」をVRヘッドセットで見られるVRアプリ「Prime Video VR」も提供している。(読み:あまぞん)

Unreal Engine

 米Epic Games社が開発・提供するゲーム開発エンジン。VR/ARゲーム・アプリの開発にも使われている。(読み:あんりあるえんじん)

【い】

インサイドアウト・トラッキング

 Inside-Out Tracking。VR/AR機器におけるトラッキング方式のひとつで、デバイスに内蔵されたカメラやセンサーを使ってトラッキングを行う方式のこと。外部センサー設置の必要がないのがメリット。対照的なトラッキング方式として「アウトサイドイン・トラッキング」がある。

 インサイドアウト・トラッキング方式のVRヘッドセットとしてはMeta Quest 2/3/Pro、PICO 4、HTC VIVE Focus 3などがある。

【う】

WebAR

 Webブラウザ上で体験できるAR(Augmented Reality)体験、またはそれを実現する技術のこと。(読み:うぇぶえーあーる)

Web3

 ブロックチェーン技術をベースにした分散型インターネットのこと。

 Web1.0(静的なWebページで構成され、ユーザーはWebページを閲覧するだけ)、Web2.0(SNSやブログなど、ユーザーがコンテンツを生産し双方向にコミュニケーションできる一方で、一部の大手IT企業にデータやコンテンツが集中)に続くものとして注目されている。(読み:うぇぶすりー)

WebVR

 【1】Webブラウザ上で体験できるVR(Virtual Reality)体験、またはそれを実現する技術のこと。

 【2】Webブラウザ上でVRデバイスの位置・向き・加速度などの情報を取得するために用いられるAPIのこと。現在では用途をARにまで拡大したWebXR Device APIに)に置き換えられた。(読み:うぇぶぶいあーる)

WebXR

 AR/VRをWebブラウザ上で実現するための技術の総称。中核となるWebXR Device APIは、WebブラウザでAR/VRコンテンツをを実現するために必要な、スマートフォンやAR/VRデバイスなどの入力・出力情報にアクセスするためのAPI。

 WebXR Device APIは、Web技術の標準化を推進するW3C(World Wide Web Consortium)によって標準化が進められている。(読み:うぇぶえっくすあーる)

【え】

HMD

 Head Mounted Display。→「ヘッドマウントディスプレイ」の項へ (読み:えいちえむでぃー)

HTC

 台湾を拠点とするスマートフォン/携帯情報端末メーカー。2016年4月にValve社と共同開発のVRヘッドセット「HTC VIVE」を発売。以降、VIVEの名を冠したVRヘッドセットを継続的に開発・リリースしているが、近年はMeta(旧Facebook)に水をあけられている。(読み:えいちてぃーしー)

HTC VIVE

 HTCとValveが共同開発した、PC接続型のVRヘッドセット。2016年4月発売。以降、「VIVE Pro」「VIVE Focus」「VIVE Cosmos」などのシリーズ製品が継続的に発売された。2023年時点のシリーズ最新製品は「VIVE XR Elite」。(読み:えいちてぃーしーばいぶ)

AR

 Augmented Realityの略語で「拡張現実」と訳される。現実世界の光景にデジタル情報を重ね合わせて表示し、現実を「拡張」する技術のこと。AR体験にはARグラスやスマートグラス、スマートフォンなどを利用する。(読み:えーあーる)

NFT

 Non Fungible Token。日本語では「非代替性トークン」と訳される。ブロックチェーン上で作成された、代替不可能な一意のデジタルデータ(トークン)のこと。(読み:えぬえふてぃー)

NVIDIA

 米国の大手半導体メーカー。特にGPU(Graphics Processing Unit、グラフィックス処理ユニット)の分野で突出しており、GeForce RTXやNVIDIA RTX/QuadroなどのGPUシリーズで知られる。

 XRに関連する製品では、仮想空間コラボレーションとリアルタイムシミュレーションのためのオープンプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」がある。(読み:えぬびでぃあ)

NVIDIA Omniverse

 NVIDIAが開発・提供する、仮想空間コラボレーションとリアルタイムシミュレーションのためのオープンプラットフォーム。Universal Scene Description(OpenUSD)ベースの3Dワークフロー/アプリケーション開発、デジタルツイン構築などが可能。

 NVIDIA OmniverseではOpenUSDを利用して既存のソフトウェアやプラットフォームを相互運用可能で、リアルタイムでコラボレーションやシミュレーションを行うことができる。

 NVIDIA Omniverseと接続できるソフトウェア・プラットフォームは、3ds Max/Maya/Revit/Blender/Cinema 4D/Houdini/MagiScan/Sketchfab/Substance 3D Designer/Substance 3D Painter/Unreal Engineなど多数。(読み:えぬびでぃあ おむにばーす)

MR

 Mixed Realityの略語で、「複合現実」と訳される。ARがデジタル情報を現実世界の光景上に表示させるのに対し、MRでは表示させたデジタルオブジェクトに触れたり、触れた結果がデジタルオブジェクトや現実世界に反映されたりなど、インタラクションがあるのがARとの違いとされる。(読み:えむあーる)

【お】

OpenXR

 XR(AR/VR/MR)プラットフォームおよびデバイスへのクロスプラットフォームアクセスを提供する、ロイヤリティフリーのオープンスタンダードAPI。クロノス・グループが規格策定を行い、2019年7月29日にOpenXR 1.0が公開された。

 OpenXRの仕様に則って作成したAR/VRソフトウェアは、コードを書き換えることなく複数のプラットフォーム/デバイス向けにビルド&リリースできるようになる。

 プラットフォームやデバイスごとにコードを書き換える手間が省けるため、開発コストを削減することが可能。OpenXRにはUnityやUnreal Engine用のプラグインも用意されている。

Oculus

 VRヘッドセット「Oculus Rift」を設計・開発した、パルマ―・ラッキーらが設立した会社。2014年3月にMeta(旧Facebook)によって買収された。

 Oculusブランド下では「Oculus Rift/Rift S」「Oculus Go」「Oculus Quest 1/2」などのVRヘッドセットが開発・発売されたが、Meta社の社名変更に伴いOculusブランドは順次廃止、Oculus Questも「Meta Quest」に改称された。(読み:おきゅらす)