XR(AR/VR/MR)用語集【ら行】

XR(AR/VR/MR)用語集 - ら行

 XR(AR/VR/MR)関連の用語集、「ら行」のページです(更新継続中)。用語集トップページはこちら

【ら】

Lighthouse

 Valve社が開発した、VRでのトラッキングシステムの規格名。ベースステーションと呼ばれる外部センサーを使用して対応デバイスを追跡する、いわゆるアウトサイドイン(Outside-In)方式のトラッキングシステム。

 Lighthouse1.0ではベースステーション2台でトラッキング範囲は3m×4m。バージョンアップしたLighthouse2.0では、ベースステーション最大4台、トラッキング範囲も最大10m×10mに拡張した。

 LighthouseはVALVE INDEXやHTC VIVEなどのVRヘッドセットで採用されているほか、Bigsceen Beyond(2023)、MeganeX Superlight(2024予)でも使用される。(読み:らいとはうす)

LiDAR

 Light Detection And Rangingの略で、「光検出と測距」「レーザー画像検出と測距」などと訳される。レーザー光を照射し、その反射光の情報を元に対象物までの距離や位置、対象物の形状・性質などを計測する技術のこと。

 LiDARの応用としては航空測量や地図作成、自動車の自動運転などが挙げられるが、iPhoneの上位機種にもLiDARセンサーが搭載されており、iPhone一台でデジタル3Dスキャンができるアプリなども出ている。(読み:らいだー)

【り】

リフレッシュレート

 Refresh Rate。ディスプレイが1秒間に画面を書き換えられる回数を表す数値のこと。単位はHz(ヘルツ)で表される。リフレッシュレートが高いほど映像は滑らかになるが、グラフィック処理にかかる負荷も高くなる。

 VRヘッドセットのディスプレイではリフレッシュレート72~120Hzのものが多いが、VALVE INDEXは最大144Hzまで設定可能。

【る】

ルームスケールVR

 Room-Scale VR。ユーザーが部屋サイズ(room-scale)の広さを動き回りながらVR体験すること、またはそれを実現する技術のこと。

 ルームスケールVRには3DCGで描かれたバーチャル空間とそれに対応した広さの現実世界のスペース、およびユーザーの位置や姿勢をトラッキングできるシステムが必要。

 ルームスケールVRではあらかじめ現実世界側の動き回れる範囲を設定しておき、範囲外に出そうになったときにはVR映像側に警告を表示する仕組みが用意されていることが多い。その例として、Meta Questでは「ガーディアン」、HTC VIVEでは「シャペロン境界」と呼ばれる機能がある。

【れ】

Resonite

 2023年10月にリリースされたソーシャルVR、あるいはメタバースプラットフォーム。チェコのSoliraxが開発・運営するソーシャルVR「NeosVR」(Neos Metaverse)の旧開発チームが独立して開発したもので、NeosVRと同様の自由度の高さが売り。(読み:れぞないと)

レディ・プレイヤー1

 2018年に公開されたアメリカのSF映画(原題:Ready Player One)。監督はスティーヴン・スピルバーグで、原作はアーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』(原題:Ready Player One)。

 作中に登場するバーチャル世界「オアシス」や、オアシスのユーザーが装着するVRスーツなど、VRやメタバースに連なる要素が多数登場する。(読み:れでぃぷれいやーわん)