無料で入手できるVRM形式の3Dアバターまとめ

この記事ではAmazonアソシエイトを利用しています。これらのリンクを通じて商品を購入した場合、筆者はアフィリエイト手数料を得ることがあります。

VRoid Hub公式シリーズ

 ピクシブの3D事業「VRoid」が提供する3Dアバターです。同社が開発・提供するソフトウェア「VRoid Studio」を使用すれば、ここで紹介するのと同等の3Dアバターを自作することもできます。

● AvatarSample_A

● AvatarSample_B

● AvatarSample_C

● AvatarSample_D

● AvatarSample_E

● AvatarSample_F

● AvatarSample_G

● 千駄ヶ谷 篠(せんだがや・しの)

● 桜田 史利矢(さくらだ・ふみりあ)

Project RiBLA

 Avex Technologiesが開発・提供するツール「RiBLA Broadcast」「RiBLA Studio」から生まれた3Dアバター。「生駒ミル」「九条フレカ」の2体があります。

● 生駒ミル

● 九条フレカ

ミライ小町

 バンダイナムコスタジオのオリジナルキャラクター・ミライ小町。VRMデータのほか、Unityプロジェクト/Blender/MMDデータも用意されています。

molz

 日本のスタートアップDENDOHが手がけるアバター作成プラットフォーム「molz」のサンプルアバター。他にも有料版アバターがあり、そちらはVRChatでも使えるデータ(Unityパッケージ版)も含まれています。

結月ゆかり 麗

 歌声合成ソフト「CeVIO AI」シリーズ、「CeVIO AI 結月ゆかり 麗」のイメージキャラクター。

loveちゃん

 キズナアイの新しい個性として自我を得たAI。VRMとUnityパッケージのデータあり。2024年5月、Kizuna AI株式会社からの離脱および個人タレントへの移行に伴いデータ提供も終了しました。

RAYNOSちゃん

 SONYのモバイルモーションキャプチャデバイス「mocopi」のオリジナルキャラクター。

1 2 3